リアル旅 妄想旅

海外移住、海外生活、旅行、食、文化、人生について書いてます💧

イタリア料理を学ぶ(5)デザート編

  いちごとメレンゲのデザート

こんにちは!

 

イタリア料理を習い始めて、初めて知ったことがたくさんあります。

 

例えば、ティラミスには生クリームが使われているイメージがありますが、実はマスカルポーネと卵のみ。カルボナーラも同様で生クリームは入りません。

 

アメリカで見かけるイタリア料理は、とけるタイプのチーズやにんにくがふんだんに使われていますが、これも本来のイタリア料理(先生のレシピ)とは様子が違います。

 

お料理はオリーブオイルで仕上げることが多いし、にんにくは刻んで大量投下ではなく、軽くつぶしてかけらのままオイルに香りを移すくらいです。

 

『イタリア料理を学ぶ』シリーズも最終回になりました。今日は、見て楽しい、食べて美味しいデザートをご紹介します(写真はすべて先生のお手本です)。

 

 

バースデーやホリデーを彩るデザート

 

モンブラン

Monte Bianco

 

フランス語のモンブランのほうが定着していますが、イタリア語ではモンテビアンコ。マロンクリームが外側にあるタイプより、こちらのほうが「白い山」という名にふさわしいルックスです。

 

市販のパイ生地を大きさを数段階にわけて丸くカットし、マロンクリームや生クリームを重ねて山の形にしています。

 

このように美しくクリームで飾るのは私には無理なので、家では一人用の大きさにパイ生地を小さく切って作りました。飾りつけもシンプルに甘栗をのせるだけとか・・・💧

 

 

プチシュータワー

Profiterole

 

正直に言います。大雑把で分量をきっちり計らない私は、デザートはほとんど作りません。

 

材料をすべてガーッと混ぜて、オーブンや冷蔵庫に入れるだけってならうれしいんですけど、シュークリームはハードル高すぎです。

 

 

高度なテクニックが必要につき・・・

 

こちらも一度も自分では作っていないシリーズです・・・💦

 

スフォリアテッラ

Sfogliatella

 

一昨年、日本に帰国した際、銀座のデパートで開催中のイタリアンフェアで食べました。でも、先生の方が美味しかった!おそらく出来立てだったからかな。

 

こんなお菓子職人みたいな技できないです💦💦💦

 

 

いちごのメリンガータ

Meringata alle Fragole

 

メレンゲの焼き菓子は、個人的にはあまり好きではないけれど、春にふさわしい、その愛くるしい見た目でしあわせになる一品です。

 

メリンガータ準備

さすが先生!上手!!!

 

こちらもハードル高いすぎで、挑戦せず。

 

 

私にも作れる定番デザート

 

ティラミス

Tiramisu

 

みんな大好き、ティラミスは、材料を混ぜて重ねていくだけだから、私も何度も作りました。

 

形が崩れてもオッケーなところが初心者にもうれしいです。

 

 

ブランマンジェ

Biancomangiare

 

ブランマンジェのイタリア版です。こちらもとても簡単。アーモンドミルクと生クリーム、砂糖、レモンのすりおろし、コーンスターチをとろみがつくまで火にかけて、型に流して固めるだけ。

 

先生は、砕いたピスタチオとシナモンを散らして、やっぱりプロっぽくなりました。

 

 

セミフレッド

Semifreddo al Caffe

 

ムースとアイスクリームの中間のようなデザート。

 

こちらもガーッと混ぜて、冷凍庫で冷やし固めるだけなので私にも作れました!

 

季節によって、いちごを使ったり、リコッタチーズにしたりとバリエーションを変えられます。

 

 

ヘーゼルナッツのチョコレートケーキ

Torta Gianduia

 

ヘーゼルナッツを効かせた大人っぽいチョコレートケーキです。

 

果敢にチャレンジしたものの、中心部が生焼けで失敗しました。デザートは本当に難しい!

 

 

リコッタチーズは美味しい

 

リコッタチーズケーキ

Torta di Ricotta

 

リコッタのムース

MMousse di Ricotta

 

リコッタチーズは、お料理にもデザートにも使える万能チーズ。お料理教室を通して大好きになりました。