リアル旅 妄想旅

海外移住、海外生活、旅行、食、文化、人生について書いてます💧

シャンソン、ファド、演歌・・・どこか似てない?

f:id:realtabimosotabi:20190513050956j:plain

こんにちは!

 

ここのところ我が家では、ポルトガルのファドが流れています。

 

夫は気に入った音楽をひたすら聴くところがあり、少し前までは『QUEEN』でした。

 

ファドって、聴けば聴くほど、人生の悲哀が滲み出て演歌っぽいなって・・・そう感じるの私だけでしょうか。

 

 

シャンソンといえばエディット・ピアフ

 

ファドを聴くと、フランスのシャンソンも思い出します。

 

シャンソンといえば、エディット・ピアフが歌う「一途な愛」のイメージが強いです。

 

久々に彼女の歌を聴いて、鳥肌が立ちました。


愛の讃歌【訳詞付】ー エディット・ピアフ

 

バラ色の人生(↓)


Edith Piaf -La vie en rose with lyrics

 

愛する人との日々が『バラ色の人生』と歌いきっているのがすごい・・・。泣けます・・・。

 

 

暗くて自虐的(?)なファド

 

2016年のポルトガル旅行で、初めてファドを聴きました。ガイドさんが、「ポルトガル特有の自虐的な暗さがあって、ほかの国の人には理解しづらい」と言っていたのが印象的でした。

 

でも、日本人は結構そういうの好きだし、共感するんじゃないかな・・・とも思いました。

 

ちょっと中森明菜っぽい・・・命を擦り減らして歌っている感じです。


Fado Esmeraldinha - Vanessa Alves

 

 

日本人にはやっぱり演歌 

 

ついに演歌の良さがわかる歳になってしまいました。

 

ファドを聴いていて思い出したのがこの曲。八代亜紀さん、めっちゃ綺麗だし、個性的な声と抜群の歌唱力・・・。

 

歌詞も曲もすばらしいです。


舟歌_八代亜紀

 

演歌は、シャンソンやファドに負けない日本が誇るべき文化ですね!