リアル旅 妄想旅

海外移住、海外生活、旅行、食、文化、人生について書いてます💧

なぜ、アメリカから移住?

f:id:realtabimosotabi:20181201152845j:plain 数年前から、リタイア後は海外移住しようと考え始めました。移住先は、メキシコ、マレーシア、日本など・・・最近になって、リタイア後ではなく、来年にでもポルトガルに行こうという話が浮上しています。

 

なぜ住み慣れたアメリカを離れようと考えたのか、その理由をまとめたいと思います。

 

 

ロサンゼルスは物価が高い

 

ニューヨークやサンフランシスコにくらべればましかもしれませんが、私たちが住むロサンゼルスエリアは物価がとても高いんです(アメリカの都市で第4位)。何よりも家賃が高い!

 

例えば、1ベッドルームのアパートは、最低でも月2000ドルと言われています。もちろん、安い物件もあるでしょうが、治安が悪いエリアだったりとそれなりの理由があります。サンタモニカやベニスビーチなどは、3000ドル以上です!!

 

さらに、カリフォルニアは税金が高いんです。ビジネスをしている人は別でしょうが、会社員としてお給料をもらっている人は、30~45%は税金でなくなります。だからといって、社会保障が充実しているわけではなく、医療費などはバカみたいに高額です。以前、夫がMRIを撮ったとき、1800ドルほどの請求が来ました。もちろん、健康保険の種類にもよりますが、手術して破産なんて話も聞きます。

 

LAに住んでいると言えば聞こえはいいですが、経済的に豊かな生活をするのは難しい街です。年収10万ドル(約1,100万円)以上なければ、LAでは快適に暮らせないと言われるほどです。

 

 

弱肉強食な文化に疲れる

 

アメリカに来てから、日本の良さが身に染みています。日本人は基本やさしいですよね。他人のことを思いやる文化が根付いています。

 

対してアメリカは超個人主義。自分のしあわせを追究するというのはとってもいいことですが、びっくりくらい周りに迷惑をかけてもお構いなし。指摘、主張、説得せずには前に進めないことばかりで、毎日が闘いです。

 

特にLAは世知辛い土地柄。訴訟も頻繁に起き、やられる前にやる的な・・・まさに弱肉強食です。以前、アメリカ中西部に3か月ほど滞在したことがありますが、みんなおっとりと人が良くって驚きました。

 

 

交通渋滞と大気汚染

 

LAは交通渋滞の酷さも全米屈指です。何車線もあるフリーウェーに駐車場のように車が滞っている様子はLAならでは。さらに、運転も荒い!他州から来た友達は、「LAの人はスピード出しすぎ!」と言っていました。

 

バスやメトロなどの公共交通機関、UberやLyftなどのサービスもありますが、やはり車なしでは不便です。駐車スペースを探すのも大変。できれば、運転しなくて済む街に住みたいと思うようになりました。

 

穏やかな気候の南カリフォルニアですが、雨が極端に少なく、山火事多発で大気汚染や乾燥が気になります。紫外線も強いので、歳をとるスピードが速そう・・・。

 

アメリカ全体で言えば、銃問題、人種差別、移民排除傾向など悲しいことばかり・・・。大統領が代わってからは、さらに理解できないことが増えました。

 

もちろん、悪い事ばかりではありません。

 

LA周辺には、いろんな国のレストランがあったり、様々なエンターテイメントがあったり、海も山も近くスポーツをする環境も整っていて、世界中から人が集まってきます。

 

すべての長所を鑑みても、物価とストレスレベルの高さゆえ、いつかは他の場所に移り住みたい・・・。事実、オレゴンやテキサスなど他州に引っ越す人や、海外に移住する人も少なくありません。

 

私の場合、アメリカはもういいかな・・・という感じ。ノマドの血が騒ぎ始めているのでしょうか。物質主義を離れ、真に豊かな生活を追求したいという気持ちもあります。そう考えると、やはりヨーロッパは住んでみたいですね。

 

www.realtabimosotabi.com

www.realtabimosotabi.com