リアル旅 妄想旅

海外移住、海外生活、旅行、食、文化、人生について書いてます💧

【アメリカ】おすすめTVシリーズ『クィア・アイ』

f:id:realtabimosotabi:20190804090028p:plain

こんにちは!

 

私がアメリカに来たばかりの2000年代のエンターテイメントは、まだまだTVが主流でした。家にいるときは、かなりの時間を費やして、ドラマや料理番組、ゲームショーやリアリティーTVを観たものです。

 

お気に入りの番組の一つが『Queer Eye for the Straight Guy(クィア・アイ・フォー・ザ・ストレート・ガイ)』。「Queer Eye」は「風変わりな目(つまりゲイの視点)」、「Straight Guy」とは「ゲイではない男性」という意味。

 

『Fab5(ファブ・ファイブ)』と呼ばれるエキスパート5人が、ダサい男性たちを素敵に変身させるという内容です。

 

 

ゲイは素敵で仕事ができる人が多い!?

 

あくまでも個人的な意見ですが・・・

 

ゲイの男性はおしゃれで素敵な人が多い。学生のころ、モデルのような容姿のクラスメイトがいて、もちろん積極的な女性たちは彼を落とそうと必死だったのですが、誰にもなびかず。蓋を開けてみたらゲイ・・・というオチでした。

 

一般的にゲイのみなさんは美意識が高いため、髪型にしろ、洋服の着こなしにしろ、身なりをあまり気にしない一般男性と差がついてしまいます。

 

それに男性の強さと女性の繊細さを両方持っているイメージ・・・。

 

留学当初通っていた語学学校のステューデント・オフィスの方もゲイでした。私がアメリカの大学に合格できたのは、彼の細やかなサポートのおかげだと思っています。

 

また、ブラジル旅行の1週間ほど前、こんな会話もありました。

私「夏休み、友達に会いにブラジルに行くんだ」

彼「あらいいわね、ビザはもう取ったの?」

私「えーーーーー!?」

 

調べると、彼のいう通りビザが必要で(現在は免除)、すぐにブラジル領事館に行って、事なきを得ました。

 

 

オリジナルは、2003〜2007年放送

 

私がこの番組を観ていたのは、10年以上前。

 

ファッション、フード&ワイン、インテリアデザイン、グルーミング、カルチャーの分野で活躍する5人が「改造の必要な」男性の元へ行き、手ほどきして大変身させていました。

 

5人のキャラも可愛くて面白いけれど、センスの光るちょっとしたアイデアを教えてくれるので、いつも楽しみに観ていました。

 

f:id:realtabimosotabi:20190804100242p:plain

オリジナルシーズンのファヴ5:テッド、カイアン、ジェイ、カーソン、トム

 

 

新ファブ5が日本へ上陸!

 

2018年、リバイバル版『Queer Eye(クィア・アイ)』がNetflixで放送開始。

 

はじめは、オリジナル・ファブ5の印象が強すぎて違和感がありましたが、新ファブ5も個性的でかわいくて親近感が持てるようになりました。

 

感動するエピソードもたくさん・・・。

 

ちなみに、ファブ5のファブは、「Fabulous (ファービュラス)」の略。ものすごく素敵という最上級の褒め言葉です。

 

これが日本語訳では「ゲイ5」となっていて、ちょっと残念・・・。表現が露骨で、粋な感じが伝わりません。

 

とはいえ・・・新シリーズでは、水原希子さんや渡辺直美さんをゲストに迎え、日本での特別編も予定されているとか・・・。放送されるのが楽しみ!

 

 

通常盤の予告編はこちら(↓)


『クィア・アイ』予告編 - Netflix [HD]

 

純粋でかわいい5人組です(↓)


「クィア・アイ」5人の友情は本物かを検証!| VOGUE JAPAN